ママセレクト

子供の英語教育におすすめ動画6選!年齢別に紹介

子供に楽しく英語を学んでもらうには、英語の動画はピッタリです。

でもたくさんの動画があって、どれがいいのか迷われていませんか?

そこでこの記事では、YouTubeの英語動画を年齢別に紹介します。

気に入った動画を見つけることで、お子さんも英語を楽しく学べるはずです。

おすすめの視聴方法もご紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

【無料】お子さんのLINE成長診断はこちら

【無料】子供におすすめYouTube動画年齢別に紹介

それでは早速、子供におすすめな英語YouTube動画を紹介します。

子供の年齢や月齢ごとに動画を紹介しているので、興味にあった動画を選んであげてください。

0歳からおすすめのチャンネル

初めて英語に触れる頃におすすめのチャンネルです。

歌を中心に、英語に慣れるところから始めてみましょう。

Mother Goose Club

アメリカ発の幼児向けチャンネルです。

英語で童謡やわらべ歌が収録されています。

「ABCソング」や「星に願いを」など、定番の曲も多いので、大人も一緒に歌えます。

赤ちゃんからの聞き流しとしても便利です。

Cocomelon

こちらもアメリカ発の幼児向けフルCGチャンネルです。

知育系の動画も収録されているので、英語と一緒に知育にも力を入れたい方におすすめです。

英語の字幕が入っているので、子供と一緒に大人も口ずさめます。

色彩がはっきりしているので、小さなお子さんでも興味をひきます。

3歳〜5歳におすすめのチャンネル

簡単な言葉がわかるようになったら、ストーリーがあるものを見せてみましょう。

あいさつや英単語のインプットにピッタリです。

Peppa Pig - Official Channel

イギリス発の幼児向けアニメ。世界各国で人気があります。

こぶたの兄弟のほのぼのストーリーです。

多少早口なところがありますが、はっきりとした発音なので、聞き取りやすくなっています。

イギリス英語を学ばせたいときにおすすめです。

Disney Junior

ディズニーのYouTubeチャンネルのひとつで、子供向け動画が多く配信されています。

おなじみのディズニーキャラクターが数多く登場し、コミカルなストーリーが多いので、子供の興味を引いてくれます。

1本数分の動画が多いので、集中力が続きにくい小さいお子様にもピッタリです。

6歳以上におすすめのチャンネル

英語に慣れて、ストーリーも理解できるようになったら見始めたいチャンネルです。

アメリカで人気の英語番組やアニメチャンネルなので、子供も釘付けになります。

Sesame Street

日本でも放送されていた、アメリカ幼児番組のYouTubeチャンネルです。

エルモやクッキーモンスターなどの人気のキャラクター以外に、アッシャーやブルーノマーズなどの有名人も出演しています。

動画の長さは数分のものから、1時間以上あるものまで豊富なので、子供の集中力に合わせて選べます。

ただ少し早口なので、英語に慣れてから見せるのがいいでしょう。

Cartoon Network Asia

世界最大級のアニメ専門チャンネル「CARTOON NETWORK(カートゥーンネットワーク)」のYouTubeチャンネルです。

人気アニメの本編動画や、ショートムービーなどを配信しています。

アメリカらしい鮮やかな色彩や、ユーモアに富んだストーリーに、子供も気に入るはずです。

子供に英語動画を見せるときに便利なアイテム

子供にYouTubeを見せるときに便利なのがスマホやタブレットですが、ブルーライトや依存が心配だったりしませんか?

そこでYouTubeの視聴におすすめなのが、メディアストリーミング用デバイスの「Chromecast」や「Fire TV Stick」です。

Wi-Fiがある環境ならば、テレビに接続するだけで、YouTubeがテレビで見られるようになります。

テレビでなら親子で一緒に見やすいのもいいですね。

子供に英語の動画を見せるメリット

ここでは子供に英語の動画を見せるメリットについてお話しします。

あなたのライフスタイルに英語動画が合っているのが、チェックしてみてください。

英語を気軽に習慣化させられる

毎日1時間でも英語の動画を見れば、1年間で365時間も英語に触れられます。

英語学習では、より長い時間英語に触れることが上達に繋がると言われており、習慣化させることが大切です。

今やYouTubeでも英語の動画は多く配信されており、気軽に英語に触れられ習慣化することができます。

目と耳両方から情報を取れる

子供はお母さんから話しかけられることと、動きを同時に認識することによって、言葉を覚えていきます。

これは母国語だけでなく、英語を覚えたいときも同じです。

CDだけでは耳からの情報、絵本だけでは絵からの情報のみになりますが、動画なら両方の情報を同時に得ることができるのでより強い刺激として脳にインプットされます。

リーズナブルに始められる

子供に英語を教えるというと、英語教材や英会話教室が一般的です。

ただどちらも始めるとなると、数千円〜数万円かかります。

また送迎が大変だったり、置き場所に困ったりすることもあります。

その点英語の動画なら、無料で始められるものもありますし、テレビやスマホ、タブレットで見せられるので場所も取りません。

ママの時間ができる

ママにもどうしても子供と少し離れたいときってありますよね。

例えばトイレに行きたかったり、溜まった家事を片付けたかったり。

少しの間でも動画に集中してくれたら助かります。

そんなときにも英語の動画は便利です。

「動画ばかり見せるのは抵抗がある…」という方でも、見ながら英語学習ができれば罪悪感は少なくすみます。

飽きてもすぐに変わりを探せる

子供は気に入っていた本やキャラクターでも、突然飽きて見向きもしなくなることってありますよね。

そんな場合でも、YouTubeなら無料でたくさんの動画が見られますし、DVDもたくさんの種類が販売されているので変えが効きやすいメリットもあります。

いつでも子供の新しいお気に入りを探せますね。

子供に英語の動画を見せるデメリット

ここからは、反対に子供に英語の動画を見せることへのデメリットについてお伝えしていきます。

インプットばかりになる

動画はどうしても一方通行なツールという欠点があります。

そのためインプットはできてもアウトプットをすることは難しいです。

英語の学習にはインプットももちろん大切ですが、それ以上にアウトプットも重要。

なぜなら言語の基本はコミュニケーションすることにあります。

もちろん英語もそうです。

なので英語の動画をただ見せるだけでなく、英語で会話したり、書いたりする学習も取り入れるとより効果的です。

見せたくない動画を見る可能性がある

YouTubeは基本的に自動再生機能が付いており、1本の動画が終わると自動的に次の関連動画が再生されます。

気付いたら性的な描写があったり、暴力的な動画が勝手に再生されてしまう可能性もあるんです。

そうならないためにも、YouTubeの視聴には子供向けアプリ「YouTube Kids」の利用がおすすめです。

まとめ

今回は、年齢別におすすめのYouTube動画を紹介しました。

お気に入りはありましたか?

英語動画を見せるメリットとしては、習慣化させやすいことや、手軽に始められることが挙げられます。

反対にデメリットとしては、インプットが中心になることです。

インプットばかりでは、英語を流暢に話せるようになるのは難しいです。

動画を見せるだけではなく、英語でコミュニケーションを取れる環境を整えてあげることが、子供の英語を上達させるポイントになります。

【無料】お子さんのLINE成長診断はこちら

この記事の監修

森 瞳
NPO法人umi 代表理事
自分自身の妊活をきっかけに、世の中の妊娠に関する知識不足に気づき、妊娠、不妊、不妊治療に関する正しい知識を啓蒙するNPO法人umiを立ち上げる。
3年間の妊活の末に授かった2人の男の子の育児に奮闘する一方で、交流会や動画制作、本の出版を通じて、啓蒙活動を拡大中。

太田 恭子
管理健康栄養インストラクター、食育健康アドバイザー、幼児食マイスター、ベビーフードインストラクター 東京女子大学卒業後、フリーアナウンサーとして活動。
「子供の好き嫌いをなくすのは、親の役目」と考えたことから、食育に関する資格を取得。
食育をテーマにした、各種セミナーなどを開催中。

    -ママセレクト
    -,

    © 2022 Mother's Select Powered by AFFINGER5