ママセレクト

GPCワンを高校生が飲んだ場合の効果は3つ!

「GPCワン(旧アルファGPCビオ)」という子ども向けサプリメントをご存知でしょうか?

高校生でも「身長が伸びた」と評判で、とても気になっているサプリメントです。

わが子は高校生になるまであと1年なのですが、伸び盛りとはいえ、もっと身長を伸ばしたい様子。

GPCワンは、テレビやインスタグラム、雑誌などで話題になっているので、高校生になっても本当に効果があるならば試してみたいと思っています。

そこで、GPCワンを高校生が飲んでも身長が伸びるのかを調べてみました。

【無料】お子さんのLINE成長診断はこちら

GPCワンは高校生にどんな効果があるの?

まずGPCワンを高校生が飲んだら、具体的にどんな効果があるのかを知る必要があると思い、その効果を調べてみました。

そこで分かった効果は以下の3つです。

  • 身長が伸びる
  • スポーツ能力の向上
  • 学習能力の向上

上記の結果は、高校生に限らず、どの年代の子どもにも当てはまるもの。

つまり高校生でも十分に効果を発揮するというわけです。

しかもGPCワンの効果は、「身長が伸びる」だけではありませんでした。

「スポーツ能力の向上」や「学習能力向上」は、受験期を迎える中高生の親としてかなり気になるところ。

たしかに、これら3つの効果が本当に期待できるのなら、購入してみる価値はありそうです。

GPCワンの安全性は大丈夫?

GPCワンを高校生が飲んでも効果があることは分かりました。

けれども、サプリメントを飲んだだけでここまで効果があるなんて、はっきり言ってちょっと怖い気がしませんか?

なぜなら、たいていのサプリメントは効果に個人差があり、なにより副作用の心配があるからです。

というわけで、GPCワンの成分を調べてみました。

原材料は以下の4つ。

  • グリセロホスホコリン (GPC)
  • ビタミンB12
  • 葉酸
  • HPMC植物カプセル

GPCワンに含まれるおもな成分は「グリセロホスホコリン(GPC)」と「ビタミンB12」「葉酸」です。

大豆から抽出されるアルファGPCは母乳に含まれる天然成分で、ビタミンB12と葉酸は血液のヘモグロビンを生成する栄養機能食品。

どちらも子どもの成長にとって大切な成分です。

多少の個人差があるかもしれませんが、成長の効果はかなり期待がもてます。

HPMC植物カプセルもゼラチン由来の植物性で安全性が確認されているものでした。

GPCワンは、着色料や保存料のような添加物もゼロ。

副作用の心配がないので安心ですね。

子どもに飲ませるのに不安な部分が一つ解消されました。

ほかの成長サプリメントと比べて特徴的なのはGPCの含有量。

スポーツや勉強のパフォーマンスを向上させる効果を発揮するために必要な1日のGPCの摂取量は400mgとされています。

GPCワンにはすでに400mgが配合されており、これだけで1日に必要な摂取量を満たしているのです。

ほかの成長サプリメントに含まれるGPCの量はわずかで、400mgを摂取するにはたくさんのサプリメントを飲まなければなりません。

その点、GPCワンならば、1粒飲む飲むだけで済むので簡単ですね。

高校生がGPCワンを飲むメリット・デメリット

口コミを読んでいると、小学生からGPCワンを飲んでいるお子さんが多い印象でした。

だとしたら、中学生や高校生から飲み始めても効果があるのでしょうか?

そして、高校生になっても飲み続けるだけの価値があるのか気になりますよね。

なので、高校生がGPCワンを飲むメリット・デメリットが知りたくなり調べてみました。

GPCのメリットは3つ

  • 1.成長ホルモンの分泌の促進
  • 2.脳の神経伝達の促進
  • 3.皮膚や爪、髪などの健康維持

では、メリットを1つずつ考えていきましょう。

1.成長ホルモンの分泌の促進

成長ホルモンがもっとも活発なのは思春期です。

そう考えると、中学生から高校生にかけてGPCワンを飲むのは理にかなっていますね。

中学生で伸び悩んでいたということは、これから伸びていく可能性があるわけですから、GPCワンを飲む価値は十分にあります。

2.脳の神経伝達の促進

中高生はちょうど受験を迎える時期でもあります。記憶力や集中力が高まるのはかなり嬉しい効果ではないでしょうか。

子ども自身の心の安定にもつながりそうです。

3.皮膚や爪、髪の健康維持

思春期は心が不安定で、ちょっとしたことでも悩んでしまうもの。

皮膚や髪などの身体的な悩みが軽減されるのは大きいですね。

GPCワンのデメリットは2つ

  • 1.高校生の場合、摂取量が多くなる分、かなり高額になる。
  • 2.成長が止まってしまっている場合は効果が出にくい。

では、それぞれのデメリットを考えていきましょう。

1.高校生の場合、摂取量が多くなる分、かなり高額になる

中学生までの摂取量は1〜2粒。高校生以上は2〜3粒となっています。

親の経済的負担が大きくなってしまいますね。

あるスポーツの強豪校では、レギュラークラスの子どもたちはサプリメントをいくつも購入して体を大きくしていると聞きました。

GPCワンは、1箱30カプセルで7,344円(定期購入の場合は割引あり)と高額です。

けれども、これを飲むだけで体が大きくなって、スポーツの能力も上がるのであれば、サプリメントをいくつも購入するより安いかもしれません。

子ども自身も何種類ものサプリメントを飲むのはつらいでしょう。

GPCワンだけならば気軽に飲めますね。

2.成長が止まってしまっている場合は効果が出にくい

高校生だと、すでに成長が止まっている子もいますよね。

その場合は、身長が伸びるという効果はあまり期待できないようです。

つまり、GPCワンの摂取は早めに始めたほうがいいということ。

とはいえ、高校生から飲んでもムダなわけではありません。

集中力や記憶力の向上、皮膚や髪などの健康維持の効果を期待しましょう。

高校生がGPCワンを飲んで効果のあるタイミングは?

もし子どもが高校生になってGPCワンを飲み続けるとしたら、毎日飲むのは2〜3粒。

どの時間帯に何粒飲むのが一番効果があらわれるのでしょうか?

GPCワンは、特に飲むタイミングは指定されていません。

けれども、どうせ飲むのなら一番効率の良いタイミングがいいですよね。

そこで、その点についても調べてみました。

成長ホルモンの分泌は夜寝ている間に行われます。

よって就寝前が一番効果的なようです。

GPCワンは高校生から飲んでも効果あり!

いろいろと調べてみた結果、GPCワンは高校生から飲んでも十分に効果があることが分かりました。サプリメントに対して懐疑的でしたが、副作用もなさそうなので、ひとまず安心。身長を気にするわが子に飲ませてみたい気持ちに傾いています。

けれども、やはり簡単に購入できる金額ではないですよね。

ただ、身長が伸びる以外にもスポーツや学習の能力が向上する効果があるというのは魅力的。親としては身長よりも、むしろそちらのほうが嬉しい効果かもしれません。

とりあえず試してみて、どんな変化があるのか様子を見るだけの価値はあるのかなと思いました。

【無料】お子さんのLINE成長診断はこちら

この記事の監修

森 瞳
NPO法人umi 代表理事
自分自身の妊活をきっかけに、世の中の妊娠に関する知識不足に気づき、妊娠、不妊、不妊治療に関する正しい知識を啓蒙するNPO法人umiを立ち上げる。
3年間の妊活の末に授かった2人の男の子の育児に奮闘する一方で、交流会や動画制作、本の出版を通じて、啓蒙活動を拡大中。

太田 恭子
管理健康栄養インストラクター、食育健康アドバイザー、幼児食マイスター、ベビーフードインストラクター 東京女子大学卒業後、フリーアナウンサーとして活動。
「子供の好き嫌いをなくすのは、親の役目」と考えたことから、食育に関する資格を取得。
食育をテーマにした、各種セミナーなどを開催中。

    -ママセレクト
    -,

    © 2021 Mother's Select