ママセレクト

2人目が欲しい…2人目妊活のリアルを伝えるブログ5選!

1人目は比較的すんなり妊娠できたのに、2人目がなかなかできなくて悩んでいるというママやパパは多いのではないでしょうか。

妊活は、子供がお腹に来てくれるまで「また生理がきたらどうしよう」「ちょっとお腹が痛いけどもしかして妊娠初期症状なのかな」と毎日不安で、つい検索魔になってしまいますよね。

妊活についてネットで検索すると、医師監修で信頼性の高い記事をたくさん目にしますが、そこに書いてあることをすべて実践したからといって妊娠できるとは限りませんし、なにより医師本人が妊活をしていない場合、ただ「頑張って!」と言われている気がして少々他人事のような印象を受けてしまうかもしれません。

しかし、実際に2人目妊活をしているママやパパが運営するブログには、当事者しかわからない悩みやそれに対する解決法、モチベーションの保ち方などが書かれていることが多く、大変タメになるはずですよ。

今回は、実際に2人目妊活をしているママやパパが運営するブログを紹介していきます。

【無料】お子さんのLINE成長診断はこちら

2人目妊活に関するおすすめブログ5選

2人目妊活は、子供を育てながらの妊活となるため1人目妊活とは状況や気持ちに少々違いがあります。

そこで、妊活に関するブログの中でも「2人目妊活」にフォーカスしているブログを紹介していきます。

40歳(→41歳)ワ―ママ、2人目不妊治療始めました

「40歳(→41歳)ワ―ママ、2人目不妊治療始めました」は、40歳から2人目妊活を始めたママ・望さんが、不妊治療を経て妊娠に至るまでの記録を綴っているブログです。

望さんは、36歳で1人目を妊娠するも妊娠中期に死産されており、その後高齢出産をした友人からのアドバイスもあってめでたく妊娠・出産。

40歳までに2人目妊娠を目指していましたが、タイミング法ではなかなか子供ができず、40歳から不妊治療専門クリニックに通い、人工授精や体外受精などをいろいろ試されています。

ブログでは、パパとのセックスレスや精子凍結についてなど、「妊活中に直面しやすい悩みだけど身近な人には相談しにくいこと」も赤裸々に書かれています。

望さんのブログは、不妊治療についての知識や情報が豊富なため、これから不妊治療に踏み切ろうと考えているママやパパの役立に立つでしょう。

また、「妊活に対する世の中のママ気持ち」を代弁してくれるような記事が多く、読んでいてとても励まされるのが特徴です。

2人目妊活に対するモチベーションが下がったときに読むと、きっと勇気をもらえるはずですよ。

男性不妊を改善するゾ!本気ではじめる35歳不妊パパの妊活奮闘ブログ

「男性不妊を改善するゾ!本気ではじめる35歳不妊パパの妊活奮闘ブログ」は、男性不妊についての情報を発信しているブログです。

ブログを書いているのは、重度の乏精子症(ぼうせいししょう)を患う2人目妊活中のパパで、精子の状態を改善していこうと試行錯誤する日々をブログに書いています。

そのほかにも、不妊の原因は男性も女性も同じくらいの割合であることをデータにもとづいて解説していたり、男性に精液検査をすすめるなど、男性側へ妊活や不妊治療への理解を促す記事が多いです。

そのため、パパが2人目妊活に協力的じゃなくて困っているママが、パパに「このブログ読んでみて」とおすすめするのもいいのではないでしょうか。

数少ない男性目線の2人目妊活ブログのため、妊活中のパパは共感できることが多く、ママはパパの気持ちを知るヒントが詰まっているはずですよ。

happy life *幸せ子育て日和*

「happy life *幸せ子育て日和*」は、7歳の息子と1歳の娘をもつママ・愛花さんが、2人目妊活についてや日々の子育てについてを綴っているブログです。

2人目妊活についての記事では、現在1歳の娘を授かるまでの話を書かれています。

最初はタイミング法で2人目妊活をしていた愛花さんですが、リセット(生理がくること)が続き不妊治療も考えたそうです。

しかし、元々パパが積極的に2人目を望んでいない状況から妊活がスタートしているため、「不妊治療に挑戦するべきか」「本当に自分は2人目がほしいのか」と自問自答する日々が続きました。

一度は妊活自体を中断していた時期もあり、家族3人での生活もいいのかもしれない、そう思った矢先にめでたく妊娠したそうです。

妊活のことだけでなく、子育てをしながらの妊娠生活についても書かれています。

ハリ子の妊活日記-体外受精-2人目が欲しい-お金の事情

「ハリ子の妊活日記-体外受精-2人目が欲しい-お金の事情」は、体外受精での2人目妊活について詳しく記録されているブログです。

ブログを書いているママ・ハリ子さんは、36歳で1人目を出産後、2人目妊活を始めましたがなかなかできず、病院に通いタイミング法とクロミッドを半年続けていました。

しかし、それでも妊娠せず、40歳目前だったこともあり体外受精専門病院での不妊治療を開始しました。

ブログでは、病院での治療内容や費用についても詳しく書かれているため、これから体外受精をしようとお考えのママやパパの参考になるでしょう。

ハリ子さんは、体外受精を始めてから1年ほどで妊娠し、2020年に無事2人目を出産されています。

不妊治療で9年ぶりの妊娠・出産

「不妊治療で9年ぶりの妊娠・出産」は、体外受精で2人目を妊娠・出産したママ・Nasuさんが、不妊治療についてや不妊治療生活の中で感じたことを書いているブログです。

Nasuさんは、結婚後すぐに1人目を自然妊娠し、さて2人目を…と思って妊活を始めるもなかなかできず、病院で不妊治療を受けながら妊活4年目で無事次女を出産されています。

不妊の原因は男性不妊によるもので、パパの不妊治療についてママの立場から思っていることや治療内容などについて書かれています。

不妊治療中のなんとも言えない気持ちを書くためにブログを始めたというNasuさんの記事は、妊活中に感じてしまう負の感情を正直に書かれており、つい「あるある!」とうなづいてしまう記事が多いのが特徴です。

文章からは、Nasuさんの明るい人柄が感じられ、暗い内容の記事でも読んでいて全然嫌な気持ちになりません。

先が見えない妊活に疲れたときに読むと、きっと元気をもらえるはずですよ。

余裕があれば自分の体調や気持ちを記録するのもおすすめ

時間や体力に余裕があれば、自分でも妊活の記録を付けてみるのがいいでしょう。

たとえば、妊活中は毎日基礎体温を付けている場合が多いと思いますが、基礎体温と一緒に今日の体調や気持ちを書いておくのがおすすめです。

自分の感情を素直に書き出すことで、気持ちを整理できて心が軽くなりますよ。

記録はスマホのメモ帳や日記帳でもいいですし、ブログやInstagram、TwitterなどのSNSなどでもいいでしょう。

メモ帳や日記帳は、誰にも見せないもののため思ったことを書きやすいです。

SNSの場合は、ほかの妊活中のママ・パパがコメントをくれることもあり、妊活に対するモチベーションを維持しやすいのが特徴です。

自分に合った方法で、ぜひ試してみてくださいね。

まとめ

今回は、2人目妊活に関するブログを5つ紹介しました。

どのブログも2人目妊活に関する情報量が多く、妊活に対するママ・パパの気持ちを正直に書いてあるため共感する部分も多いはずです。

「もう妊活やめようかな…」「頑張るのに疲れた」と思ったときは、今回紹介したブログをのぞいてみてください。

同じ境遇で頑張ってきたママ・パパから、きっと元気をもらえるでしょう。

【無料】お子さんのLINE成長診断はこちら

この記事の監修

森 瞳
NPO法人umi 代表理事
自分自身の妊活をきっかけに、世の中の妊娠に関する知識不足に気づき、妊娠、不妊、不妊治療に関する正しい知識を啓蒙するNPO法人umiを立ち上げる。
3年間の妊活の末に授かった2人の男の子の育児に奮闘する一方で、交流会や動画制作、本の出版を通じて、啓蒙活動を拡大中。

太田 恭子
管理健康栄養インストラクター、食育健康アドバイザー、幼児食マイスター、ベビーフードインストラクター 東京女子大学卒業後、フリーアナウンサーとして活動。
「子供の好き嫌いをなくすのは、親の役目」と考えたことから、食育に関する資格を取得。
食育をテーマにした、各種セミナーなどを開催中。

    -ママセレクト
    -,

    © 2022 Mother's Select Powered by AFFINGER5