ママセレクト

子供の英語教育はいつから始めるのが一番いいの?学習方法は?

子供の将来のために、英語教育に力を入れたいと思いますよね。

最近では早期英語教育も注目されており、子供が小さい頃から、中には赤ちゃんの頃から英語教育を始めている人も多くなりました。

けれど子供の英語教育はいつから始めるのがいいのか悩んでいる親御さんもいると思います。

そこでこの記事では、子供の英語教育を始めるのにベストな時期や、早期英語教育のメリットデメリットについて詳しくまとめました。

年齢別に行うといい英語学習方法も紹介しているので、合わせて参考にしてください。

お子さんにどんな英語教育をいつさせるのがいいのか、きっとわかります。

【無料】お子さんのLINE成長診断はこちら

子供に英語はいつから勉強させるのがベスト?

子供の英語教育は、いつから始めるのがいいのでしょうか?

これについては、いろいろな考え方がありますが「英語脳」や「英語耳」といったものを作り上げるには、0歳〜6歳までに始めるのがいいと言われています。

人間の耳は、3歳から7歳の間に急速に成長すると言われており、その成長は10歳頃には止まってしまいます。

なので正しい発音を聞き分けられる「英語耳」を作るには、遅くても10歳までに英語教育を始めるのがいいそうです。

ただ早く始めれば英語が話せるようになるわけではなく、継続することが重要になります。

特に小さい頃は、英語を学ぶ重要性について説明しても理解できません。

そのため英語教育を続けるには、本人が「楽しい」と感じ「楽しく続ける環境」であることが大切と言えます。

両親が日本人でも子供をバイリンガルにする方法

両親が日本人で、日本在住だと子供をバイリンガルにするのは無理だと思っていませんか?

実は日本に住んでいて、両親が日本人でも子供をバイリンガルにすることはできます。

もちろんインターナショナルスクールなどに通わせる方法もありますが、今回はそれ以外の方法もお伝えします。

それは「英語版のアニメを観せ続ける」という方法です。

子供が言葉を覚えるとき、言葉を聞くだけではなく、アニメーション動作も一緒に目に入った方が覚えやすいんです。

子供の英会話教室などでも、音楽と一緒に踊ったり体を動かすことが多いですよね。

子供の興味を引くのはもちろん、言葉だけでなく動作も一緒の方が覚えやすいからなんです。

英語版のアニメを観せるときは、子供が興味を持つものにするとなおいいです。

好きなものならずっと観てくれます。

ただしインプットばかりでアウトプットする機会がないという欠点は残ります。

両親が英語を話せない場合は、オンライン英会話でもいいので、英語で対話する機会は作ってあげるようにしましょう。

また子供をバイリンガルにするために、かなり長い期間が必要です。

18歳くらいになるまで続ける必要があるので、子供が英語学習を習慣化できる環境があると、よりバイリンガルになる可能性が高くなるそうです。

子供に早期英語教育をさせるメリット

子供が小さいときから、英語教育をするといいと聞いたことがある人も多いと思います。

実際に早期英語教育のメリットは、どんなことがあるのかまとめました。

英語脳・英語耳が育つ

先ほどもお話ししましたが、人間の耳の成長は10歳で止まってしまいます。

なのでそれまでの間に英語に触れておくことで、理屈抜きにLやRの聞き分けなどができるようになります。

また英語を早くから学ぶことにより、母国語のように吸収することもできるんです。

つまり英語を日本語に変換しなくても、英語を英語のままで理解できる「英語脳」が育ちます。

英語や異文化への抵抗が少なくなる

大きくなると「外国人」や「異文化」に抵抗が出てきます。

ですが幼少期から英語に触れておくことで、英語で話すことや、異文化交流に対しての抵抗がほとんどなくなります。

苦手意識も少なく、日本人特有の「間違えたくないから英語を話さない」というようなこともなく、間違えることを恐れずどんどん英語を話せるようになります。

子供に早期英語教育をさせるデメリット

こちらでは、子供が早くから英語教育をすることのデメリットについてまとめました。

日本語が疎かになる

子供に早い時期から英語教育を始めると、母国語である日本語の教育が疎かになる可能性があります。

これはダブルリミテッド(ゼミリンガル)といい、母国語を習得する前に外国語を習い、どちらの言語も年齢相応レベルに達しない状態のことです。

幼少期に親の海外赴任などで、英語圏で生活することになった子にみられることが多いようです。

ただ日本に住んでいて、両親が日本人の場合は、日常生活で使用する言語の割合は、圧倒的に日本語が多いはず。

なので0歳から英語を習い始めたとしても、日本語への悪い影響はほとんどないです。

英語嫌いになる

早期英語教育には、親御さんのサポートが不可欠です。

ですが、過度に英語教育を強制することによって、子供が英語嫌いになる場合もあります。

英語に対して強い拒否反応を示すようになると、幼少期だけでなく、英語教育が本格的に始まる小中学校でも強い抵抗を示してしまうことも。

無理強いはせずに、子供の意思で続けられるような成功体験など、きっかけを作ってあげるといいです。

子供にはどんな英語教育がいい?年齢別に紹介!

子供の英語教育には、どんなものがいいのでしょうか?

年齢別に紹介します。

0〜2歳

この頃の赤ちゃんには、人とのコミュニケーションも一緒に楽しめるようなものがおすすめです。

英語の歌の聞き流しや英語絵本の読み聞かせ、子供向けの英語動画を一緒に観たり、英語のおもちゃで一緒に遊ぶのもいいですね。

2〜4歳

この頃になると好みがはっきりしてくるので、子供の好きなキャラクターの教材を選んだり、子供に好きな絵本や動画を選んでもらうのもいいと思います。

また絵本の読み聞かせのときに「これは何?」や「〇〇はどこにあるかな?」など、簡単な質問をしながらコミュニケーションをとってみるのもおすすめです。

4〜6歳

手先が器用になってくる年齢なので、切り絵や塗り絵、折り紙など手先を使ったアクティビティをプラスするのがおすすめです。

英語で何かできたという成功体験は、子供の自信になりますので、親子でコミュニケーションを取りながら挑戦してみてください。

また仲間意識が芽生える時期でもあるので、英会話教室などに通うにも適した時期といえます。

まとめ

子供の英語教育は、いつから始めるのがいいのかについてお伝えしました。

もし「英語耳」や「英語脳」を育てたいなら、早めにスタートさせるのがおすすめです。

ただ早めに始めたからと言って、継続して英語を学ばなければ、バイリンガルにはなれません。

また過度に英語教育を強制すると、英語嫌いになってしまう場合もあります。

年齢に合った学習方法で、英語学習を継続的に続けられるような環境を整えていくことが大切です。

【無料】お子さんのLINE成長診断はこちら

この記事の監修

森 瞳
NPO法人umi 代表理事
自分自身の妊活をきっかけに、世の中の妊娠に関する知識不足に気づき、妊娠、不妊、不妊治療に関する正しい知識を啓蒙するNPO法人umiを立ち上げる。
3年間の妊活の末に授かった2人の男の子の育児に奮闘する一方で、交流会や動画制作、本の出版を通じて、啓蒙活動を拡大中。

太田 恭子
管理健康栄養インストラクター、食育健康アドバイザー、幼児食マイスター、ベビーフードインストラクター 東京女子大学卒業後、フリーアナウンサーとして活動。
「子供の好き嫌いをなくすのは、親の役目」と考えたことから、食育に関する資格を取得。
食育をテーマにした、各種セミナーなどを開催中。

    -ママセレクト
    -,

    © 2021 Mother's Select